Works & Project

TAMBA, HYOGO, JAPAN

+事例紹介+ 株式会社栗田商店 様

+ WEB
+ パンフレット
+ 写真
+ 取材
OUTLINE & CONCEPT
- 丹波ブランドを活かした、将来につながる信頼と進化の表現

栗田商店さんは兵庫県丹波にて、一本一本の木と向き合い、木のぬくもりとやすらぎを感じる建具材や框を製造しておられます。
元々WEBサイトは持っておられなかったのですが、会社存続のための認知拡大を目指して、 WEBサイト制作を依頼いただきました。

玄関框の製作でシェアトップ3を誇る技術を活かし、今後は自社ブランドの展開も考えていきたい、という栗田商店さんの展望。
将来を見据え、技術の信頼感に加え、進化を続ける革新性も表現した製作を行いました。




OUTPUTS
- WEB

丹波ブランドをどう活かすかということを考え、制作しました。
競合の数の観点から、「地域で一番」という見せ方ができるように、老舗感を大切にしつつも、進化を続ける新しさをコンセプトにしています。

コーポレートカラーの紺色をベースに木のイメージを出すため、背景に木目柄を使用しました。
挿入部分の上部を緩やかに曲げることで、栗田商店さんが強みとされている湾曲框の婉曲美の要素を取り込んでいます。

WEBサイト全体は今後の更新を見据えてツールを選ぶことで、現在手が回らないとおっしゃっていたニュース部分にもいつでも対応できるような状態を実現しました。

当初目的の集客のみならず、会社の名刺代わりになり社員の皆さんが会社を誇れるようになり、社内の士気にもよい影響を与えることができました。
それを受けて今後はユニフォームをつくるというお話も出ています。

- パンフレット

会社の資料などがほとんどなかったため、パンフレットもWEBとの流用を考えて制作を提案しました。

パンフレットにあたってのテキスト制作は外部のライターさんに協力していただき、インタビューから抽出しました。
同時にWEB用の写真撮影も行いました。




PROCESS
2018年に、2代目社長から3代目社長にかわるタイミングで、準備もかねてという形でご依頼いただきました。

どのようなWEBサイトを作りたいか、また今後どのように事業を展開されるのかという展望をじっくりヒアリングし、方向性を定めました。
その方向性に沿って全国の木材加工会社をリサーチしたうえでコンセプトを具体化していき、制作に取り掛かりました。

今回の関わりから引き続き、現在は小学校などに入れているオリジナルの学習机のリデザインを行うプロジェクトをご一緒しています。




+
株式会社栗田商店
兵庫県丹波市氷上町石生263
https://kurita-shoten.co.jp/
+