Works & Project

SHINJUKU, TOKYO, JAPAN

+事例紹介+ TCJ 東京中央日本語学院 様

日本語学校、東京中央日本語学院(TCJ) 様のWEBサイトリニューアルを担当いたしました。

+ WEB
+ 保守運用
+ 多言語4ヶ国語対応
 (日本語・英語・ベトナム語・簡体語)
OUTLINE & CONCEPT
- 多国性と東京への憧れでの訴求

TCJ 東京中央日本語学院さんは日本語が母語でない方向けの日本語学校になります。
デザインのリニューアルとマーケティング強化を目的としてご依頼いただきました。

語学学校の競合調査を深く行いながら、TCJさんのポジションを検討しました。
多くの日本語学校が和のテイストで日本っぽさを推し出している中、東京など日本の都会部分への憧れを訴求軸として設計をしました。
また多国性も意識し、多言語対応やサイトデザインも制作しております。




OUTPUTS
- WEB

元のサイトではデザイン面とスマホ非対応に課題があったため、それらに対応しました。
デザインでは背景にうっすら東京の写真を表示させることで日本のモダンさを出しつつ、コーポレートカラーのネイビーを基軸に重すぎるイメージにならないよう多国性を意識してカラフルな色使いをしました。
写真もふんだんに使うことでデザイン性を出し、またコース受講のイメージがわくようにしました。

WEB運営にあたって、CSM化して使用したいという要望にそい、更新がしやすい設計にしました。
特に入学の重大な検討要因になるシニアボイスの箇所は更新のしやすさを意識し、実際に納品後もどんどんTCJさんにて追加いただいています。
更新しやすいように設計したことで、コロナ渦でのオンラインコース強化にも柔軟に対応が可能でした。

マーケティング観点では流入元を詳細に分析するために各ページを細かく分けて設計しています。
elephant+の翻訳担当スタッフによって多言語対応も行い、また単純に多言語対応するだけでなく連携するSNSなども各言語ごとにカスタマイズしました。

サイトリニューアル以降集客が強化され、生徒数が伸びてきています。




PROCESS
元のWEBサイトのデザインリニューアルとマーケティング強化を目的に依頼をいただきました。
他の語学学校の調査を進めていき、ポジショニングを明らかにしてとりかかりました。

最初はマーケティング担当の方と一緒に議論しながらワイヤーを練っていきました。

WEBサイト内に掲載するコンテンツもTCJの方々と協力しながら進めました。

現在はフォームからカウンセリングの予約がダイレクトにカレンダーに入るように追加開発しています。





+
東京中央日本語学院 (TCJ)
東京都新宿区信濃町34
トーシン信濃町駅前ビル4・5・6階
https://tcj-education.com/
https://www.facebook.com/tcj.nihongo
https://www.instagram.com/tcj_japaneseschool/
https://twitter.com/TCJ_nihongo
+